ランタンポールの傷防止対策にカバーを作ってみた【自作キャップ】

お役立ち

どうも、30代サラリーマンです。

以前、ランタンポールについての記事を書かせて頂きました。

ランタンの置き場に困ったら!おすすめのランタンポール【意外と便利】
どうも、30代サラリーマンです。初心者キャンパーこの前キャンプで鍋をしたんだけど、ランタンを手に持って照ら...
nobu
nobu

このランタンポール、良い製品なのですが気になる点もありました

今回はその「気になる点」について紹介と、私の実施した対策を書かせて頂きます。

Naturehikeランタンポールの気になる点

まずは、Naturhikeランタンポールの気になる点をご紹介します。

固定するネジがむき出しで(キャップ等が付いていない)テーブルに傷が付きやすい。

Naturehikeのランタンポールは、テーブル等を挟んで固定するタイプです。

固定するにはネジを閉めていくだけの簡単な方法。

ですが、下記画像の○部分をご覧ください。

ネジにカバー等が無く、むき出しになっています。

しっかり固定しようとすると、この状態でキツく締める必要があるので、当然ながらテーブルに傷が付きやすいのです。

対策方法①

まずは少しでも安く済ませたいので、100均でキャップに代わるものを探しました。

それっぽい物を見つけ付けてみたのですが、あまりしっくりこない。

すぐに外れて無くなってしまいそうなので、この案は却下することに。

対策方法②

なんか丁度良いもん無いかなぁ〜と考えふと思った、

nobu
nobu

無いなら作るか〜!!

対策方法と言いましたが、あまり皆さんが出来る方法では無くて申し訳ありません。

たまたま私は金属加工の仕事をしていますので、職場で作らせてもらえました。

参考にはならないかもしれませんが、その方法を書いていきたいと思います。

ネジのサイズを測定

キャップを作るためにまずはネジのサイズを測定しました。

まずはネジの外径を測ります。

このネジの外径はおよそ「8ミリ」でした。

次にピッチ(ネジ山とネジ山の間隔)を測ります。

かなりわかりにくいのですが、だいたい「1.2〜1.5ミリ」でした。

ネジの規格として、外径が8ミリのネジはピッチが1.25というのが通例です。

以上のことから、このランタンポールのネジは「M8×1.25」と判断し、キャップの作成に入りました。

旋盤にて作成

作成中の写真は無いのでいきなり完成の写真ですが。。

錆対策の為、材質はステンレスにしました。

単なるキャップではなく、設置面を大きくすることで、安定性や強度が高くなることを狙っています。

これでも心配な場合は、さらにクッション等を貼るのもいいかもしれませんね。

まとめ

ランタンポールの傷対策について書かせて頂きました。

解決策はあまり皆さんが出来る方法では無くて申し訳ありません。

一応、予備であと2つ作成しているので、同じランタンポールを持っていて同じ悩みをお持ちの方には差し上げます。

もしいらっしゃったらご連絡下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました