【TENT FACTORY】フォーシーズントンネル2ルームテントの評判は?【レビュー】

テントファクトリーから販売されている、フォーシーズントンネル2ルームテント。

どんなテントか知りたいけど、検索してもあまりレビュー記事が見当たらないんですよね。

そこで、実際に所有して10泊以上使っている僕が包み隠さずレビューします。

  • 購入を検討している
  • トンネル型テントが欲しい
  • 被らないテントが欲しい

といったあなたにぴったりの情報をお届けします。

良い点
残念な点
  • おしゃれなカラー
  • 全室が広い
  • 人と被らない
  • インナーが狭い
  • ポールが入れにくい
テントファクトリー(Tent Factory)
¥36,406 (2022/10/01 14:28時点 | Amazon調べ)
目次

フォーシーズントンネル2ルームテントレビュー

まずは、TENT FACTORYのフォーシーズントンネル2ルームテントについて、外観やデザイン・スペック等についてレビューしていきます。

特徴

フォーシーズントンネル2ルームの特徴
  • おしゃれなカラー展開
  • 前室が広い
  • 簡単設営
  • 人と被りにくい
  • 室内の高さがある
  • インナーが狭い
  • ポールが入れにくい

外観・デザイン

出典:Amazon

外観は一般的なトンネル型テントとさほど変わりはありません。

前面は跳ね上げ可、左右はメッシュにしたり、出入口として利用することができます。

カラー展開は、

  • ベージュ
  • オリーブグリーン

の2色展開(オリーブグリーンはナチュラム限定販売)になっており、どちらもキャンプに映えるカラーです。

また、スカートが付いており、名前の通りフォーシーズン通して使えるテントです。

スペック・付属品

フォーシーズントンネル2ルームテントのスペック・付属品を紹介します。

スクロールできます
サイズ4350×2550×1900(h)mm
アウターテントポールファイバーグラス
アウターテントポリエステルタフタ+リップストップ210T 68D(耐水圧3000mm)
インナーテントポリエステルタフタ185T 75D(耐水圧800mm)・フロアパーツ:ポリエステルオックスフォード(耐水圧3000mm) 
重量12.2kg(付属品全て含む)
標準価格47,300円
付属品
  • スチールペグ:28本(4本予備)
  • ガイドロープ:2.5m×8本・3.5m×2本
  • スチール製アップライトポール(1750㎜):2本
  • グランドシート(ポリエチレン):1点
  • 専用キャリーバッグ(66×25×25cm):1点
kent

標準でグランドシートが付属しているのはありがたいね!

実際に使ってみた感想

フォーシーズントンネル2ルームテントを実際に10泊以上使ってみた感想・使い勝手を紹介します。

簡単にまとめると、以下の通りです。

  1. 前室ひろびろ
  2. 冬はちょっと暖かい
  3. 組み立て簡単
  4. ポールが入れにくい
  5. インナーは狭い

それでは、分かりやすく解説します。

前室ひろびろ

トンネル型テントの魅力はなんといっても前室の広さ。

もちろんフォーシーズントンネル2ルームテントも前室はかなり広くなっています

無印の頑丈ボックス(特大)や、ノーザンクーラーボックスを置いてもスペースがまだまだあります。

寝る時は、夜露や防犯のため前室にギアを非難させることができます。

②冬はちょっと暖かい

アウターテントには、スカートが付いています。

スカートのおかげで、冬は冷気が入ってくるのを少し防いでくれます。

スカートの付いていないテントと比べると、少しだけ寒さはマシになります

③組み立て簡単

フォーシーズントンネル2ルームテントは、組み立て方がとても簡単です。

色分けされたポールを、同じ色の穴に通して、ペグダウンするだけ。

やり方さえつかめば、簡単に設営することができます。

④ポールが入れにくい

同じ色のポールを入れるだけの簡単設営なのですが、少しコツが必要です。

やみくもにポールを入れていくと、ひっかかって入ってくれません

少しずつ、確実に入れていきましょう。

⑤インナーは狭い

出典:テントファクトリー

前室が広い代わりといってはなんですが、インナーテントはすこし狭くなっています

狭いとはいっても、大人の男性3人までなら寝ることが出来ました。

理想は大人2人、子ども1人だと思います。

4人以上で利用する予定であれば、他を検討したほうが良いでしょう。

組み立て方

それでは、フォーシーズントンネル2ルームテントの組み立て方を紹介します。

STEP
収納袋から取り出す

二度とこの状態には戻せないので、見納めしておきましょう(笑)

STEP
フライシートにポールを通す

同じ色のポールをそれぞれフライシートに通していきます。

引っかかりやすいので、慎重に通しましょう。

STEP
入口部をペグダウン(仮)

入口の部分を2箇所ペグダウンしていきます。

仮止めなので、そこまで場所は気にしなくて大丈夫です。

STEP
フライシートを立ち上げる

各ポールを、フライシートのハトメ部に刺し、立ち上げていきます。

少し力のいる作業なので、できれば2人でやりたいところ。

STEP
ペグダウン

フライシートの張り具合を調整しながら、各所ペグダウンしていきます。

この時に、入口部のペグも打ち直しましょう。

STEP
ガイロープを張る

フライシートの左右にあるガイロープを張っていきます。

張り具合を調整しながら行いましょう。

STEP
インナーを引っ掛ける

インナーテントは、フックを引っ掛けるだけでOK

掛ける場所を間違えないように、端から順番にやりましょう。

こんな感じで、吊るします。

以上で、組み立ては終了です。

設営時の注意点

フォーシーズントンネル2ルームテントを設営する際の、いくつかの注意点・気をつけたい事がありましたので紹介します。

設営時の注意点
  • スカートの巻き込み
  • 調整しながら設営
  • 出来れば2人以上で

スカートの巻き込み

フォーシーズントンネル2ルームテントには、スカートが付いています。

ペグダウン時は、注意しておかないとスカートを巻き込むことも

特に風が強い日は、気をつけましょう。

僕は初張りでスカートに穴をあけちゃったよ(笑)

調整しながら設営

何も考えずに設営してしまうと、完成がシワシワになってしまいます。

ペグダウンや、ガイロープを張るときは、テントの張り具合を調整しながら行いましょう

kent

最初はきれいに張れないと思うけど、少しずつコツが分かるようになっていくよ!

出来れば2人以上で

もちろん1人で設営することも可能ですが、出来れば2人以上をおすすめ。

フライを立ち上げるときや、張り具合を調整するときはサポートがあればかなり楽になります。

kent

2人でやれば、かなりの時間短縮になるよ!

まとめ

まとめ
  • 前室ひろびろ
  • 人と被りにくい
  • おしゃれカラー
  • 気にいること間違いなし!
トンネル型のテントを探しているなら、おすすめだよ!

以上、テントファクトリーのトンネル2ルームテントのを紹介させて頂きました。

実際に10泊以上キャンプで使用しましたが、設営も簡単で満足しています。

前室も非常に広く、かなり使い勝手の良いテントだと感じています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる