【ナチュラム】ハイランダーのインフレーターマットで冬キャンプの底冷えは軽減できるのか

お役立ち

どうも、30代サラリーマンです。

本格的な冬キャンプで問題となるのが、就寝時の「底冷え」です。

初心者キャンパー
初心者キャンパー

冬キャンプは暑くないのは良いんだけど、寒すぎて寝れるのか心配

就寝時のマット選びを間違えると、一晩中寒さで寝れないなんてことになりかねません。

この記事を読むと、

  • ハイランダーのインフレーターマットは底冷え対策になるのか
  • ハイランダーのインフレーターマットの使い方
  • ハイランダーのインフレーターマットの使用感

が分かります。

Hilander(ハイランダー)のインフレーターマット

老舗のアウトドア用品ブランド「ナチュラム」のオリジナルブランドハイランダー。

そのハイランダーが出しているインフレーターマットです。

インフレーターマットの中では比較的安い価格帯で購入できます。

今回は厚み4㎝のものを購入しました。

収納時のサイズ

一般的な2リットルのペットボトルと並べてみました。

やはり収納時のサイズが大きいのはインフレーターマットの宿命ですね。

お世辞にもコンパクトは言えません

実際に採寸してみると、長さが約67㎝。

小学校の机の横幅が約65㎝ですので、それよりも大きいということですね。

そして横幅が約14㎝。

これだけのサイズ感だと、使えるキャンプはオートキャンプに限られそうですね。

快適に眠るための準備

インフレーターマットは、EVAマット(ウレタンマット)のように開けばすぐ使えるようにはなりません。

マットとして快適に使用するために準備が必要です。

準備といってもそんなに大それたことじゃないんですけどね。

栓を開ける

インフレーターマットにはこのような空気を出し入れするための栓があります。

まずはこの栓を全開にします。

基本的にはこのまま放置しているだけです。

中に入っているスポンジのような物が、元の形に戻ろうとする力で、勝手に空気を吸っていく仕組みになっています。

仕上げ

栓を開いて放置しておけば、ある程度まで空気は入っていきます。

しかし、快適に眠るにはほど遠いレベルしか入っていかないのです。

最後の仕上げに、空気を吹き込んであげる必要があります。

栓から口で、自分好みの硬さになるまで息を吹き込んで完成です。

息を吹き込むとカビる?!

インフレーターマットについて調べていたころ、「仕上げは息を吹き込むのかぁ」となんとなく理解していました。

このコロナ禍の中、栓を咥えるのはちょっと衛生的で無いなぁなんて思ったりも。

更に、「直接息を吹き込むと、水分が入ってしまい中のスポンジがカビる」という記事を読みました。

確かにヒトの吐く空気にはかなり水分があります。

中がカビてしまうのも頷ける。。。

直接吹き込むのを避けたかった私は、最終的にこの方法に落ち着きました。

マットをカビさせない為に

  1. 栓を開けて放置して、ある程度膨らませる
  2. 1度、栓をとじ、下部からクルクル巻いて空気を上部に押し込む
  3. 再び栓を開け、また暫く放置する

この方法を実施すれば、直接空気を吹き込むこともなく、しっかり膨らみます。

膨らませた状態の厚みは約4㎝。

使用感

まずは膨らませた後、室内で使用してみました。

フローリングの上では、

  • フローリングの硬さははほぼ感じない
  • 寝ていると少し下から暖かくなっていく(ような気がする)

もちろんですが、室内使用は大丈夫そうでした。

果たしてキャンプでの底冷え対策になるのか

今回の本題、「ハイランダーのインフレーターマットで底冷え対策になるのか」

検証する為に実際にキャンプで使ってみることにしました。

使用条件

  • 11月中旬の奈良県キャンプ場
  • 気温:就寝時、約5℃
  • テント:ColemanツーリングドームST
  • シュラフ:中華製ダウンシュラフ
  • 服装:上ヒートテック、トレーナー/下ボアスウェット

底冷えは??快適に眠れるのか

結論から言いますと、

下からの冷気はまったくと言っていいほど感じませんでした。

シュラフや服装が相まっての効果なのかは分からないですが、底冷えを感じることはありませんでした。

以前、ほぼ同じ条件で、エアーマット+ウレタンマットで寝たキャンプもありました。

その時はかなりの底冷えを感じましたので、恐らくインフレーターマットによる底冷えの軽減だろうと推測されます。

まとめ

ハイランダーのインフレーターマットは底冷え対策に持ってこい!!

冬キャンプの底冷えにお悩みの方にぜひおすすめのマットです。

価格もすこまで高くもなく、手を出しやすいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました