【ピコグリルもどき】パチグリルの性能は【正規品との違いは?】

キャンプギア

どうも、30代サラリーマンです。

初心者キャンパー
初心者キャンパー

ヒロシさんが使ってたピコグリル使ってみたいな。でもお値段が、、、コピー品もあるけど本物とどう違うんだろう。

そんな疑問を解決します。

結論から言うと、

  • コピー品(パチグリル)でも性能にほとんど差は無い
  • 微妙な違いはあるが、価格の差を考えるとコピー品でOK

ピコグリルとは

キャンプ動画で再ブレイク中の芸人ヒロシさん。

そのヒロシさんのYouTubeで紹介され、一躍有名になった焚火台「ピコグリル」

そのおかげで正規販売店では売り切れていることも多々あります。

Amazon等では定価よりも高い金額で出品されていたりもします。

コピー品を買ってみた

そこで私はピコグリルもどき(コピー品)である通称「パチグリル」を購入してみることにしました。

メルカリで購入したのですが、お値段が2,800円と格安でした。

ちなみに、ピコグリルの正規品は11,600円なのでおよそ1/4の値段で購入したことになります。

f:id:kurofune0528:20200818065624j:image

送られてきた箱を開けると、この様な収納袋に全て納められています。

組み立て説明書がA4用紙3枚くらい入っていました。

f:id:kurofune0528:20200818065756j:image

収納袋から出してみると、これだけの部品が入っています。

灰受け(引っ掛け金具)、スピット2本、火床、フレームとなっています。

灰受けが青いのは保護シートを貼ったままだからです。

剥がせばステンレスの色になります。

正規品ピコグリルとの違い

f:id:kurofune0528:20200818070103j:image

こちらがコピー品を組み立てた画像です。

f:id:kurofune0528:20200818073001j:image

ちなみにこちらが本物のピコグリルです。

火床の風穴が少し多いようです。

サイズもほぼ同じでした。

1番の大きな違いは、火床の端にあるピコグリルの刻印でしょう(笑)

f:id:kurofune0528:20200831183902j:image

ピコグリル(左)とコピー品(右)を並べてみました。

特に大きな違いが無いのがわかると思います。

本物のピコグリルも組み立て、撤収はやったことがあるのですが、フレームを畳む際なんか違和感というか気持ち悪い感じがしました。

私だけかもしれませんが、、、

その気持ち悪さはパチグリルにもあります。

そこもしっかり再現されているようです(゚⊿゚)イラネ

コピー品ならではの付属品

f:id:kurofune0528:20200818073829j:image

このピコグリルもどき「パチグリル」には標準で灰受けが付いていました。

本物のピコグリルは灰受けが付いていないので、下に焚火シート等を敷かないと地面を汚してしまいます。

そんな悩みを解消するのがパチグリルの灰受け。

これは意外とありがたかったりしますね。

まとめ

  • 正規品との違いはロゴと火床の空気穴の数
  • 価格はおよそ1/4
  • 灰受けが付属している(付属していない場合もあり)
  • 組み立て時、収納時のサイズに差はほぼ無し

以上から、コピー品はかなり買いだと私は思います。

半額以下で、本物とあまり変わらない、むしろコピー品なので本物のダメな部分を改良してさえいます。

メーカー等にこだわらない方であればコピー品でとりあえず試してみるのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました