Amazonで購入出来る中華製ダウンシュラフはどうなの?購入レビュー【意外とおすすめ】

キャンプギア

どうも、30代サラリーマンです。

寒さが増してきた近頃、冬キャンプに向けてシュラフの購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

初心者キャンパー
初心者キャンパー

冬用のダウンシュラフってあったかそうだけど値段が高いんだよね。

そう、冬用の「ダウンシュラフ」は性能や収納性は高いのですが、価格も同様に高いんです。

Amazonなどで、安い中国製のダウンシュラフ(以下:中華ダウン)も販売されていますが、果たしてどんなものなのか??

実際に購入してみた私がレビュー致します。

この記事は、

  • 中華ダウンを購入しようか迷っている
  • 本当にダウンシュラフが届くのか不安
  • 羽毛の臭いがキツイというレビューがあり気になる

といった方におすすめです。

中華製ダウンシュラフを購入

こちらはAmazonで購入出来る中国製のダウンシュラフです。

一般的なダウンシュラフよりもかなり安く購入できます。

カラー、ダウン量が選べる

カラー展開は、

  • ブルー
  • オレンジ
  • ブラック

の3色展開になっています。

中のダウン量は、800g1200gの2種類から選べます。

収納時のサイズ

商品到着時はこのように専用ケースに入っています。

一般的な2リットルのペットボトルと比較してみました。

同じくらいの防寒性能をもった化学繊維のシュラフと比べると、かなりコンパクトです。

横幅はおよそ50㎝くらいでしょうか。

たて方向は約30㎝。

かなりコンパクトになる訳ではありません。

しかしオートキャンプ等の場合には気にならないサイズ感です。

製品のクオリティ

中華製の商品を買うにあたって、1番気になるのは「クオリティ(品質)」だと思います。

では中華ダウンの場合はどうでしょうか。

恐らく中身は「ダウン」

よく分からない中華製メーカーのダウンシュラフの口コミに、「中身が化学繊維だった」というのを見かけます。

ダウンシュラフを買ったと思ったのに、化学繊維のシュラフが送られてくるなんて最悪です。

一方、「中華ダウン」は(私は専門家では無いので詳細は分からないですが)触った感触は確実にダウンです。

ダウン特有の、押しつぶせば空気が抜けていく感じ、それがあります。

袋に収納するときも、端から押し込んでいけばしっかり収まります

恐らくではありますが、中身は「ダウン」で間違い無いでしょう。

気になる臭いは

ダウン特有の野性動物の臭いがするという口コミが何件かありました。

恐る恐る臭いを嗅いでみましたが、まったく獣臭はありませんでした。

シュラフに顔をうずめて深呼吸しても全然大丈夫でした。

ただ臭いについては当たり外れがあったり、感じ方には個人差があります。

一概には言えませんが、今回は無臭でした。

ファスナーはYKK

中華ダウンのファスナーには、「YKK」の文字があります。

本当にYKKさんのファスナーかどうかは分かりませんが、そこは信頼することにしましょう。

ファスナーの取手(開閉のときにつまむ部分)は、一つしかありません。

外から閉める時と、中から閉める時にツマミを内外に移動させるのが少し手間に感じます。

シュラフ内部に謎のポケット

中華製の商品にはよくあるのですが、何に使うかわからない機能が付いていたりします。

中華ダウンにももちろん付いていました。

シュラフの内側(胸のあたり)にペラペラのポケットが付いています。

シュラフに入ってしまうと出し入れ出来ないような位置に付いています。

実際にキャンプで使ってみた

触り心地や、ダウン量を確認したところで、実際に使ってみないとわからないことだらけです。

中華ダウンの実力を試すために、実際のキャンプで使ってみました。

使用環境

  • 気温は約4℃
  • テントはColemanのツーリングドームST
  • シュラフの下に敷くのは、ウレタンマットとエアーマット
  • 服装は、上ヒートテック+トレーナー、下チノパン

最初は寒かったが、、、

寝始めた頃は、やはり気温4℃(体感ではもっと寒かった気がする)ということもありかなり寒さを感じました。

「これは寝れないかも」

と一瞬、頭をよぎりました。

しかし、途中で気付きました。

シュラフを頭までガッポリ被ってしまえば、かなり暖かいことに。

最初から被っていればすぐに寝られたでしょう。

結論としまして、

中華ダウンでも秋キャンプは過ごせる

まとめ

  • 普通の秋〜冬キャンプなら使用可能
  • 0℃を下回ると厳しい
  • 価格に対してのコスパは抜群

今回はAmazonで買える中華製ダウンシュラフについてレビューいたしました。

性能の割にかなりお得に購入出来ます。

冬キャンプが好きな方、今年から冬キャンプを始めたい方。

まずはお手軽な中華ダウンから始めてみませんか。

ぜひお勧めします。

中華ダウンを使用したキャンプはこちら👇

コメント

  1. shino より:

    質問失礼いたします。
    使用されてる寝袋はダウン800g(総重量1300g)の方でしょうか?

    • nobu_camp_solo より:

      ご質問ありがとうございます。
      こちらのダウンは800g(総重量1300g)のものになります。

      • shino より:

        ダウン800gの方なのですね!
        真冬だと、ダウン1200gの方がいいですね♪
        とても参考になりました✨

タイトルとURLをコピーしました