冬キャンプにおすすめ!CB缶が使えるガスストーブ3選【寒さ対策】

キャンプの始め方

どうも、30代サラリーマンです。

初心者キャンパー
初心者キャンパー

冬のキャンプで寒くなった時の為に、ストーブが欲しいな。でも石油ストーブは運搬中に溢しそうだし、わざわざ燃料を買うのもな。。。

本格的な冬キャンの季節が近づいてきて、このようにストーブの導入を考えている方も多いのではないでしょうか??

寒さに備えて、ストーブを準備しておきたいですよね。

でもストーブの為に燃料を買ったり、運搬時に溢さないように注意したり、、、めんどくさいですよね(笑)

そこでお勧めなのが、CB缶が使えるガスストーブ。

燃料がCB缶なので、料理をするバーナーと併用出来ますし、運搬時に燃料漏れすることもありません。

この記事を読むと、

  • CB缶が使えるガスストーブの選び方
  • お勧めのガスストーブ
  • 石油ストーブとの違い

が分かります。

nobu
nobu

私自身、冬キャンプで寒くて耐えられなかったときもあります(笑)

石油ストーブとガスストーブ

石油ストーブとガスストーブの一番大きな違いは、「火力」です。

一般的な火力は、石油>ガスとなります。

参考までに、キャンプ用として人気の高い石油ストーブ「アルパカストーブ」の火力は3.0kWです。

ガスストーブ選びのポイント

冬キャンプで使用するときのガスストーブ選びのポイントは、

  • 発熱量(暖かさ)
  • 連続運転時間
  • 重量(持ち運びやすさ)
  • 価格
  • デザイン

上記5点です。

デザインはあまり気にしない方もいると思いますが、せっかくなのでキャンプの雰囲気に合うものにしたいですよね。

おすすめガスストーブ3選

では、冬キャンプにおすすめのガスストーブをご紹介します。

私の独断と偏見で評価していますので、ご容赦ください(笑)

センゴクアラジン ポータブルガスストーブ

出典:Amazon
  • 発熱量:2.0kW  ★★★★☆
  • 連続運転時間:強1時間40分、弱4時間20分  ★★★★★
  • 重量:5.7㎏  ★★★☆☆
  • 価格:28,000円〜  ★★★☆☆
  • デザイン  ★★★★★

ストーブ等で有名なメーカー「アラジン」が新ブランドとして始動した「センゴクアラジン

その新ブランドから出ているガスストーブです。

このストーブの魅力はなんといってもデザイン

キャンプの雰囲気がおしゃれになるのはもちろんのこと、室内使用も可能なので普段使いにも○。

残念な点は、火力が強い分運転時間が少し短いこと、重量があること、そして何より価格です。

ただ普段使いできることを考えると、デメリットも目をつむれるかと思います。

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ「マイ暖」

出典:Amazon
  • 発熱量:1.0kW  ★★★☆☆
  • 連続運転時間:3時間20分  ★★★★☆
  • 重量:2.6㎏  ★★★★☆
  • 価格:8,500円〜  ★★★★☆
  • デザイン  ★★☆☆☆

ガス関連製品で有名なイワタニのストーブです。

イワタニ製ということで非常に安心感があります。

性能としても、発熱量・燃焼時間ともに合格点で、価格も比較的お手頃です。

マイナスポイントは、そのデザイン。

ご家庭で使用するには気になりませんが、キャンプの雰囲気に合うかといわれると疑問です。

ただ、見た目を気にしないなら十分な製品です。

カリフォルニアパティオ カセットガスヒーター

出典:Amazon
  • 発熱量:1.1kW  ★★★☆☆
  • 連続運転時間:約3時間  ★★★★☆
  • 重量:2.4㎏  ★★★★☆
  • 価格:16,800円〜  ★★★★☆
  • デザイン  ★★★★★

おしゃれキャンパーさんの間で人気のカリフォルニアパティオ。

こんなにおしゃれなのに性能もまずまずの合格点。

重量も軽い部類に入るレベルで、持ち運びも楽ちんです。

価格が少し高いのと、最近製造中止になったとの情報も。。。

もし見かけた場合は即買いしたい商品です。

一酸化炭素中毒には気をつけよう

一般的に、テント内での火気の使用は禁止されています。

あったかいストーブをテントの中に入れて暖まりたい気持ちは凄くわかります。

しかし、テント内で使用すと、酸素濃度が低下し不完全燃焼が起こります。

その過程で一酸化炭素が発生し、一酸化炭素中毒に陥ります。

一酸化炭素は人体に有毒なガスですので、最悪の場合死亡事故に至る可能性もあります。

ですので、テント内での使用はあくまでも自己責任でお願いいたします。

一酸化炭素中毒になると、頭痛がしたり最悪の場合死に至ることもあります。

また、一酸化炭素は無味無臭ですので気付かないうちに中毒に陥ります。

テント内で使用する際は、必ず一酸化炭素チェッカーを使用しましょう。

まとめ

冬キャンプで活躍するであろうガスストーブについてまとめさせて頂きました。

寒い中でも楽しくキャンプを過ごすために、1台持っていても良いかもしれません。

ガスストーブを手に入れて、快適な冬キャンを楽しみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました