キャンプに枕は必要なのか?おすすめの枕は??【インフレーターピロー】

キャンプギア

どうも、30代サラリーマンです。

みなさんは自宅で就寝するとき、「」を使っていますか??

枕を使わない方なら問題ありません。

ですが、普段から枕を使っていたり、枕が無いと寝られない、なんて方もいると思います。

初心者キャンパー
初心者キャンパー

キャンプって枕があった方がいいのかな??おすすめの枕があれば教えて欲しいな。

そんな疑問にお答えします。

キャンプに枕は必要??

キャンプで枕なんて使ってるの見たことない!?

なんとなくのイメージでそう思っている初心者の方も多いと思います。

結論から言いますと、

普段、枕を使っているならキャンプでも枕は必須!!

キャンプと言えど、快眠できるに越したことはありません。

その為にも、普段から枕を使っているなら絶対に持っていきましょう

キャンプ用の枕あれこれ

一概にキャンプ用枕と言いましても、様々な枕があります。

それぞれの特徴を見て、自分にあった枕を見つけましょう。

シュラフの収納袋に衣類を詰め込む

この場合は、新しく何かを購入する必要はありません。

シュラフを使っている時は、収納袋は使いませんよね?

その収納袋に、翌日着る服や、使い終わった衣類を詰め込みます。

それだけで枕の完成ですw

高さ調節は衣類の量を増減させればOK。

ただし、寝心地はお世辞にも良いものとは言えません。。。

  • 新たに購入するものは無い
  • 余計な荷物が増えない
  • 高さを変えられる

普段使っている枕を持って行く

これが一番無難なのかもしれません。

普段使っている枕はきっと、ご自身に合った枕だと思います。

それをキャンプに持って行けばほぼ、間違い無いでしょう。

ただ、キャンプの就寝状況は普段とは違います。

高さが合わなかったり、汚れてしまう可能性もあるでしょう。

また、普段使いの枕はどうしてもかさばるので、荷物が増えてしまうのがデメリット。

  • 自分に合った枕で寝られる
  • 荷物が増える
  • 高さが合わない可能性がある

キャンプ用の枕を購入する

最近はかなりの種類のキャンプ用枕が販売されています。

自宅で使う様な枕や空気で膨らませる「エアーピロー」、中にウレタン等が入っている「インフレーターピロー」。

そんな中から自分に合った枕を見つけるのも良いと思います。

ただし、新たに購入しなければなりませんし、荷物が増えます。

また、膨大な種類の中から良い枕を探すのが大変です。

  • 自分に合った枕を探せる
  • 荷物が増える
  • キャンプ用なので雑に扱える

結局どの枕が良いのか

正直、好みとしか言いようが無いですw

ですが、私はキャンプ用の枕を購入することをお勧めします。

その理由は、

  • 自分に合った枕を見つけられる
  • そこまで高価な物ではない
  • 汚れ等に気を使わなくて良い
  • 意外とコンパクトで荷物にならない

普段使っている枕が一番合うのは分かっているのですが、ものすごく邪魔なんです。

どんな枕を買えばいいの?

おすすめは断然「インフレーターピロー」です。

「インフレーター」とは、枕の中にウレタン(スポンジ)が入っており、バルブを開けると自然と膨らむ構造です。

インフレーターマットという物がありますが、それと原理は一緒。

自然と膨らみますが、パンパンになる訳ではありませんので、高さが欲しい方は自分で吹き込みます。

なぜインフレーターピローが良いのか

普段使っている様な枕や、エアーピロー。

様々な枕がある中で、なぜインフレーターピローがおすすめなのか。

以前はマットに付属している空気で膨らます枕を使っていました。

使用しているマットはこちらのハイランダーのインフレーターマット↓

【ナチュラム】ハイランダーのインフレーターマットで冬キャンプの底冷えは軽減できるのか
どうも、30代サラリーマンです。本格的な冬キャンプで問題となるのが、就寝時の「底冷え」です。初心者キャ...

これがどうにも寝心地が悪かったんです。

そこでものは試しとインフレーターピローを購入。

インフレーターピローは中にスポンジが入っているので、エアーピローとはまた一味違う寝心地なんです。

おすすめのインフレーターピロー

そんな中でもおすすめのインフレーターピローがこちら。

Naturehikeというメーカーのインフレーターピローです。

かなり値段もお手頃なのに、寝心地はしっかりしています。

恐らく中国製のメーカーですが、この様な専用ケースに収納されています。

収納時のサイズ感です。

2リットルのペットボトルより二回り程小さくなっています。

使う時は、こちらのバルブを開けて放置しておくだけ。

ある程度まで勝手に膨らんでいきます。

あとはお好みで空気を入れるのですが、これ以上入れてしまうとスポンジの感覚が分からなくなります。

なので私はあえて空気を入れることはしません。

まとめ

如何だったでしょうか。

今回はキャンプの「枕」について書かせて頂きました。

キャンプの枕についてまとめますと、

  • 様々なもので代用は出来る
  • 新たに購入するにも、大きい出費では無いので取り入れやすい
  • インフレーターピローが断然おすすめ

キャンプに必須という訳ではありませんが、心地よい睡眠のためにはぜひ導入をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました