【鉄工所】THE IRON FIELD GEARで人と被らないキャンプギア【焚き火台】

kent

どうも、30代サラリーマンのkent_factoryです。

THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)というキャンプギアブランドをご存知ですか??

鉄を用いてアウトドアフィールドにおける全く新しい道具を創造する、というコンセプトをもとに展開している比較的新しめのメーカーです。

僕は金属を加工する仕事をしているので、鉄工所が興したメーカーというだけで応援したい気持ちになります。

特にこのTHE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)でも有名なのが、「TAKI BE ITA(タキビイタ)」という名前の焚き火台です。

クラウドファンディングのMakuake(焚き火台カテゴリ)で、支援人数・売上金ともに1位を達成しています。

他にも鉄を使用した無骨なキャンプギアがたくさん販売されております。

あなたも、THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)のキャンプギアを手に入れて、一目おかれるキャンパーになりませんか??

皆さんの疑問に少しでも役立てれば幸いです。

こんな疑問をお持ちの方に向けた記事

THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)ってどんなメーカーなの??

人と被らないおしゃれなキャンプギアのメーカー知りたいな。

無骨なギアにも手を出してみたいんだけど、どこのギアがいいかな??

目次

THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)はどんなメーカー?

出典:公式HPより
スクロールできます
会社名株式会社 興栄企画
所在地〒762-0082 香川県丸亀市飯山町川原1838
連絡先tel / fax 0877-98-7797
コンセプト

鉄を用いてアウトドアフィールドにおける

全く新しい道具を創造する

瀬戸内を拠点に長年にわたり造船や建築など鉄鋼の分野で技術を培ってきました。

自分の武器である「鉄」と、愛して止まない「自然の中で遊ぶ」こと、

その二つを融合させ、まだ世にないアウトドア・ギアを創造することで、

私たちは自然における鉄の新たな在り方を提案します。

公式ホームページより

あえてステンレスやアルミを用いず、「鉄」を武器にキャンプギアを制作されているメーカーです。

性能や重量はステンレスやアルミには負けているかもしれません。

しかし「鉄」には鉄の味があります。

長年愛用することで生まれる色合い。

火にかけることにより生まれる新しい模様。

「鉄」でしか味わえないものが、THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)の製品にはあるのです。

kent

凄く男心をくすぐるコンセプトだよね。

長く愛用したいキャンプギアだからこそ、「鉄」

日々変わっていくギアの変化を楽しめそうだね。

どんなキャンプギアがあるの??

THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)にはどんなキャンプギアがあるのでしょうか??

定番のものから、珍しいもの、鉄製品ならではのもの。

ご紹介させて頂きます。

TAKI BE ITA(タキビイタ)

こちらが定番の「TAKI BE ITA(タキビイタ)」という名前の焚き火台。

クラウドファンディングのMakuake(焚き火台カテゴリ)で、支援人数・売上金ともに1位を達成しています。

kent

TAKI BE ITA(タキビイタ)の概要をまとめておくよ。

分かりやすいように表にしておくね。

スクロールできます
SサイズLサイズ
価格9,900円(税込)15,070円(税込)
組み立て時サイズ約W195×D233×H212 (mm)約W273×D330×H299 (mm)
収納時サイズ約W300×H280×D18 (mm)約W430×H385×D18 (mm)
重量約4.5kg(本体、五徳、灰受け)約8.7kg(本体、五徳、灰受け)
材質スチール(塗装)※耐熱塗装ではありませんスチール(塗装)※耐熱塗装ではありません

TAKI BE ITA(タキビイタ)の注目すべき点は、

  • 収納したら1cm未満!8.3mmの”板”になる焚き火台
  • 頑丈!厚い鋼板(3.2㎜)で歪みに強く長く使える
  • パーツはたったの4つ!カンタン組み立て
kent

クラウドファンディングで人気が出たのもうなずけるね。

TAKI BE ITA(タキビイタ)こそ「育てていく焚き火台」だね!

EASY CHOPPER(イージーチョッパー)

薪割りを安全に簡単に行うための「EASY CHOPPER(イージーチョッパー)

薪割りを安全に簡単に、をコンセプトに作られたメンテナンスフリーな商品。

力を入れずにハンマーの重さで薪をたたくだけで、簡単に薪割りが出来ます。

kent

EASY CHOPPER(イージーチョッパー)の概要をまとめておくよ。

分かりやすいように表にしておくね。

スクロールできます
価格13,200円(税込)
サイズ約 W220 × D180 × H350 (mm)
重量薪割り器 本体:約5.5kg、ハンマー:約1.5kg
材質本体/スチール(塗装)
ハンマー/頭部・本体:スチール(塗装)ハンドル部:ゴムおよびポリエチレンの発泡体

EASY CHOPPER(イージーチョッパー)の注目すべき点は、

  • 硬度と靭性にこだわった浸炭焼き入れの刃
  • 薪を立てやすく、割れやすい三角形
  • ちょうど良い重さのハンマー付属
  • 安定しやすい台形で、本体を固定せず使える形状
kent

薪割りは結構力の入る作業だし、危険も伴うから女性にもぜひおすすめしたいね。

面倒くさい刃のメンテナンスもいらないから、楽ちんだね。

だるま蚊遣り

こちらは一風変わったキャンプギア、「だるま蚊遣り

夏のキャンプには必須の蚊取り線香を置くためのギアです。

ダルマのように少々転がっても起き上がる丸いフォルム。

素材は配管などに使われる「エルボ」と呼ばれる部品を使用しており、これもまた男心をくすぐる商品です。

また蚊取り線香は上部のボルトで挟むという、無骨さ。

kent

だるま蚊遣りの概要をまとめておくよ。

分かりやすいように表にしておくね。

スクロールできます
価格3,630円(税込)
サイズW120×H100×D89(mm)
カラーブラック
重量約 800g
材質本体:スチール(塗装)、ボルト:ステンレス

だるま蚊遣りの注目すべき点は、

  • 少々転がっても起き上がるフォルム
  • 「エルボ」の形を生かした造形
  • 側面にさりげない「THE IRON FIELD GEAR」のスタンプ
kent

配管の素材を使っているのが、男心をくすぐるよ。

転がっても起き上がるのは、よく蹴ったりしてしまうキャンプ場では嬉しい機能だね。

鉄の足

持ち運べるテーブルの脚「鉄の足

キャンプテーブルの常識を覆すような商品です。

テーブルと脚はくっついているものという考えは捨て、取り外せる脚。

他ではあまり見かけない商品です。

サイズもLサイズ(ハイテーブル用)・Sサイズ(ローテーブル用)の2種類あり、キャンプスタイルによって選べます。

kent

鉄の足の概要をまとめておくよ。

分かりやすいように表にしておくね。

スクロールできます
鉄の足S鉄の足L天板S天板L
価格12,100円(税込)14,850円(税込)5,280円(税込)6,820円(税込)
サイズ約 W60 × H60×D460 (mm)約 W60 × H60×D710 (mm)約 W500 × H500 x D25 (mm)約 W825 × H700 x D25 (mm)
収納時サイズ約 W470 × H65 × D130 (mm)約 W710 × H65 × D130 (mm)
カラーマットブラック、サンドベージュ、オリーブグリーン、瀬戸内ブルー
重量約 4.75Kg約6.8Kg約3.2Kg 約6.4Kg
材質スチール(塗装)スチール(塗装)
取り付け板サイズ厚さ 28mm未満厚さ 28mm未満

鉄の足の注目すべき点は、

  • 持ち運べるテーブルの脚
  • 通常のテーブルより重い
  • 軽いテーブルには無い強度と質実剛健さ
  • キャリングバック付き
kent

ネーミングセンスが抜群だよね(笑)

今までのテーブルの概念が覆されたよ。

まとめ

THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)まとめ
  • 鉄を愛した者たちのこだわりと情熱が垣間見える商品
  • 下町の鉄工所が作る熱き想いの詰まったギア
  • 決して安い訳ではないが、長く使える優れもの
  • 「ギアを育てる」が良く似合う
  • 人と被らない物を求めたい人にピッタリ

THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)について紹介させて頂きました。

職人さんが作ったこだわりのギアたち。

「鉄」という素材の良さを生かした物づくり。

男心をくすぐられませんか??

kent

僕はこういう熱い想いを持った人たちを応援したくなるから、多少高くても手に入れたくなるんだよね。

あなたも、THE IRON FIELD GEAR(ジアイアンフィールドギア)の製品を手に入れて、かっこいい大人のキャンプを楽しみましょう。

この記事が少しでも皆さんの役に立てれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる