【夜露】冬キャンの大敵・結露で濡れたテントを持ち帰るにはドライバッグで!濡れたまま収納【他の使い方も】

キャンプギア

どうも、30代サラリーマンです。

初心者キャンパー
初心者キャンパー

テントって夜露で濡れちゃうよね。そのままテントの収納袋に入れると湿ってくるんだよね。何か対策は無いかな??

そんな悩みを解決します。

夜露・結露はキャンプにつきもの。

どんなに対策しても朝起きるとテントがビショビショになっていることは多いです。

特にこれからの季節、冬はテント内外の温度差が大きく結露しやすいです。

そんな湿ったテントを持ち帰るのには「ドライバッグ」が便利です。

今回はその便利なドライバッグをご紹介します。

ドライバッグとは?

出典:Amazon

ドライバッグ(Dry Bag)をご存知でしょうか??

あまり知らない方ももしかすると多いかもしれません。

ドライバッグとは、防水または耐水性のあるカバンのことを指します。

サイズは小さいものから大きいものまでさまざま販売されています。

ウォータースポーツや登山等で使用されることが多いみたいですが、キャンプでも使える場面はあります。

キャンプでの使い方

ドライバッグはキャンプのさまざまな場面で活躍します。

ここからは思いつく限りのキャンプでの使用例をご紹介します。

濡れたタオルや衣類を入れる

夏場の川遊び後の水着や、お風呂で使ったタオル。

濡れていたり湿っていたりしますよね。

そのまま持って帰るのは湿ってきて嫌ですし、ビニール袋に入れていても破れていた、なんてことも。

そんな時は、ドライバッグが便利です。

頑丈な素材で出来て、破れたなんてことも無く、防水性も高い。

またドライバッグは気密性もありますので、圧縮すれば少し省スペースにもなります。

濡れた衣類を持って帰るのに非常に便利です。

水漏れの恐れがある物の持ち運びに

調味料や、女性の方の化粧品。

カバンの中でフタが開いて漏れていた、、、なんて経験はありませんか?

そんなことにならないように、ドライバッグに入れておきましょう。

ドライバッグに入れて持ち運べば、フタが開いて漏れても被害は最小限に抑えることが出来ます。

ゴミ箱として

キャンプでの雰囲気を壊してしまいがちなゴミ問題。

ゴミ袋を吊るしておけばいいのですが、見た目が悪いですし、破れて液体が漏れたりすることも。

そんな時はドライバッグを使いましょう。

防水性がありますので、液体が漏れてしまうなんてことはありません

また見た目もゴミ袋を吊るすよりは断然おしゃれになります。

目を背けがちなゴミ問題も、ドライバッグで解決しましょう。

濡れたテントの持ち帰りに

キャンプで朝起きると、テントがビショビショに濡れている、、、

ある程度拭いて、乾かして収納しますが、完全に乾燥させるのは難しいです。

そのまま収納袋に入れて持ち帰ると、テント周りのギアが湿っているなんてことも。

そこでドライバッグの登場です。

防水性に優れているので、濡れたテントやタープを入れても湿ってくることはありません

私は自宅でテントを乾かすので、キャンプ場では乾かさずそのままドライバッグにIN。

片付けの煩わしさから少し開放されます。

おすすめのドライバッグ

Amazonで購入出来る「Unigear」というメーカーのドライバッグです。

サイズ展開は、2・5・10・20・30・40リットルと豊富。

カラーも全9色あるようで、お好みのものを選べます。

今回私は、濡れたテントを収納したかったので一番大きい40リットルを購入しました。

40リットルのサイズ感

2リットルのペットボトルとの比較画像です。

40リットルということもあり、かなり大きいサイズというのが分かると思います。

広げると大きいですが、何も入れていない状態では折りたためるのでコンパクトになります。

リュックとして背負える

30・40リットルのサイズのみにはなりますが、背面に肩掛けのストラップが付いています。

重い荷物を入れてもリュックのように背負えるので、持ち運びはラクチンですね。

また、20リットル以下のサイズには肩掛けのストラップ1本が付いているようです。

スマホケース付き

おまけとして、防水のスマホケースが付属していました。

常におまけが付いているのかは不明です。

実際にテントを入れてみた

実際にドライバッグにテントを入れてみました。

私はコールマンのツーリングドームSTを使用しているので、それを入れました。

収納袋に入ったままですが、インナーテント・フライシート・ポール全て余裕で入ります

さらにまだ他のものも入れられそうです。

このサイズなら適当に放り込んだとしてもしっかり収まるでしょう。

外からみるとこんな感じです。

空気を抜いていないのでパンパンに見えますが、かなり余裕でした。

まとめ

  • 濡れたテントやタープを収納するのに便利
  • 様々な使い方が出来る
  • リュックタイプは持ち運びもラクチン
  • 使わない時は小さく折りたたんでおける

夜露で濡れたテントの持ち運びに悩んでいる方にはぜひおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました