【ソロキャンプ】寝心地を良くしたい!おすすめのエアーマット【快眠】

キャンプギア

どうも、30代サラリーマンです。

キャンプ場で就寝するときに、地面が硬かったり石がゴツゴツして凄く寝心地が悪く、よく眠れなかった、なんて経験はありませんか?

以前、石の多いキャンプ場でウレタンマットのみで眠ったことがあるのですが、さすがにゴツゴツ感が背中に伝わってきて、しっかり眠れませんでした。

朝起きると体中が痛くなっていました。

コットやインフレーターマット等も検討してみたのですが、

コットはそもそもソロ用テントに入るか微妙な大きさで荷物も増える、、

インフレーターマットもちょっと嵩張るし、、、

と悩んでいました。

そこで、エアーマットに行き着くことになりました。

そんなエアーマットについてご紹介したいと思います。

エアーマットとは?

エアーマットとはその名の通り、空気を入れて膨らませるマットです。

口で直接膨らませるタイプと、マットに空気入れが付いているタイプがあります。

折り畳み式のウレタンマットのように、広げればすぐ使える!!

というわけにはいきませんが、思っているより簡単に膨らませることができます。

また、収納時は空気を抜いてしまえばかなりコンパクトになります。

欠点としましては、穴が開いてしまうとまったく使いものにならないことでしょうか。

ただ、かなり雑な扱いをしなければ破れることはあまりないかと思います。

ほとんどの製品には、破れた場合の補修シールが入っていますので、いざという時はそれを使用して応急処置をすれば使うことができます。

おすすめのエアーマット

AirExpectというブランドのエアーマットです。

サイズは195×56㎝で、背の高い方でもしっかり乗ることができます。

f:id:kurofune0528:20200905114049j:plain
エアーマット①

このような収納袋に入っています。

f:id:kurofune0528:20200905114059j:plain
エアーマット②

収納時のサイズ感は、2リットルのペットボトルと比べてこれくらいです。

かなりコンパクトに収まります。

f:id:kurofune0528:20200905114109j:plain
エアーマット③

このように、空気を入れるポンプがついており、直接口で膨らますことはないので肺活量の無い方でも膨らませることが出来ます。

また、口をつけませんので衛生的です。

膨らませ方は、排気のキャップを閉め(吸気は開けたまま)ポンプを手のひらでプッシュするだけです。

私が膨らませた場合(30代男性)、およそ2~3分でパンパンになりました。

f:id:kurofune0528:20200905114136j:plain
エアーマット④

このように枕部分もついており、枕を持っていかなくていいので荷物も少し減らすことができます。

f:id:kurofune0528:20200905114147j:plain
エアーマット⑤

一つ一つの膨らみは指で押すと簡単にへこんでしまうのですが、寝転がってみると沈まずにしっかり体を支えてくれました。

f:id:kurofune0528:20200905114156j:plain
エアーマット⑥

マットの端には連結用のボタンも付いており、複数個買えば連結して使用することができるようです。

f:id:kurofune0528:20200905114216j:plain
エアーマット⑦

もちろん補修用シールも付いています。

これで破れてしまった場合でも応急処置が可能ですね。

以上、おすすめのエアーマットの紹介でした。

膨らませた時は、かなりしょぼそうでこれは失敗かな?と思ったりしましたが、いざ寝転んでみるとかなりしっかり体を包み込んでくれました。

私はこのエアーマットの下に、ウレタンのマットを敷いて寝ています。

ある程度の凸凹なら気にせずに寝ることが出来ます。

就寝時の快適さを求めている方にぜひおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました