天滝公園キャンプ場はどんなところ?棚田を利用したサイトが絶景!実際に行ってみたレビュー

キャンプ場情報

どうも、30代サラリーマンです。

初心者キャンパー
初心者キャンパー

兵庫県にある天滝公園キャンプ場ってどんなところなのかな?行ってみたいから詳細が知りたいな。検索してもあまり情報が無いし、、、

といった疑問に実際に行ってみた私がお答えします。

まず結論から言いますと、

  • 棚田サイトが広くて雰囲気も良く、最高
  • キャンプ場の方がとても親切
  • 1度は行ってみる価値あり

では、実際にどのようなキャンプ場なのか見ていきましょう。

天滝公園キャンプ場

昭和55年、1980年4月から運営開始。老舗のキャンプ場です。

日本の滝100選の名瀑【天滝(落差98m)】のおひざ元。

たなだを利用したサイトはプライベート感十分

場所によって森の中や絶景が望めたりと様々

秘密基地、隠れ家的にご利用出来ます!

天滝公園キャンプ場公式サイトより

所在地

住所:兵庫県養父市大屋町筏822

日本一のキャンプ場を目指しているそうです。

実際にキャンプ場サイトの口コミで2年連続No.1を獲得しているようです。

1組につきバケツ2杯の薪が無料

キャンプの醍醐味「焚火」

その焚火に使う薪ですが、ここのキャンプ場はバケツ2杯分を無料で貰えます。

こんな感じでバケツに入っています。

それでも足りない場合は管理棟にて1杯800円で販売されています。

サイトについて

サイトマップ

こちらがキャンプ場全体のサイトマップです。

今回私は、たなだサイトの「2番」を利用しましたので、2番サイトのお話になります。

サイト1つ1つがかなり広い

2番サイト

すべてのサイトが、一般的なオートサイトと比べてかなり広く作られております。

最近「たなだBIGサイト」という大きめのサイトも出来たのですが、

そこでなくても十分に広いサイトになっています。

ソロ用のテントなら5~10基ほど建てれるのではないでしょうか(憶測ですが)

サイト内にテントを何個立ててもOK

私は基本的にソログルキャンをしているのですが、サイト内に何個もテントを建てられるキャンプ場って意外と無いんですよね。

ですが、このキャンプ場は「サイト内なら何個建ててもらっても大丈夫」とおっしゃっていました。

しかもサイト自体がかなり広いので、ソログルキャンをよくされる方にはぜひおすすめです。

たなだのおかげでプライバシーが守られる

棚田を利用したサイトなので、横のサイトとは約1m以上の段差があります。

ですので隣のサイトの方と目線がズレるので、あまり気になることはありませんでした。

飲食店でいうところの「個室」のようなサイトです。

周りの目を気にすることなく自分達だけで楽しめるのは嬉しいですね。

棚田からの絶景、、、のはずが

サイトがたなだ状になっており、かなり高い場所に位置しています。

さぞ絶景なんだろうと思いますよね。

それがあまり絶景とは言えませんでした(2番サイトは)

実は1日1組限定で、「たなだ絶景サイト」というサイトがあるようです。

そちらは絶景なのだと思いますが、それ以外はたなだからの眺めはあまり期待しない方が良いかもしれません。

夜は満点の星空を眺める

キャンプ場の標高が高めなので、夜はキレイな星空が眺められます。

私が訪れた日は曇りでしたが、結構キレイに星を見ることができました。

ぜひ晴れた日に行ってみてください。

場内施設

トイレ

こちらはサイト近くにあるトイレです。

かなり手入れが行き届いており、入口も網戸を設置していますので、キャンプ場のトイレの割に虫があまりいませんでした。

トイレットペーパーも完備されており(予備も豊富)、ところどころに「汚れが気になる場合は近くのスタッフにお声がけください。すぐに清掃致します」といったような張り紙がされており、キレイに保つ為の努力が伺えました。

ちなみに、ウォシュレットは装備されていませんでした。

炊事場

こちらは炊事場になります。

トイレ同様かなり手入れが行き届いているようでした。

気になる汚れもなく、かなり清潔な印象を受けました。

シャワールーム

キャンプ利用の方は無料(1回まで)で使えるシャワールームがあります。

~21時までと書いていますが、静かに利用するならそれ以降も利用OKだそうです。

場内施設は全体的に手入れが行き届いている

場内にある施設は基本的に全てしっかりと手入れをされている印象でした。

キャンプ場の施設としてはかなり綺麗な部類に入るかと思いますので、安心して利用出来ます。

「たなだ号」で荷物運び

サイトへは徒歩で登る

棚田を利用したサイトなので、管理棟から急坂を徒歩で登らないといけません。

それが結構急な坂で、とてもキャンプの荷物を持って登れるレベルではありません。

でも安心ください。

このトロッコ「たなだ号」でサイトまで荷物を運んでくれます。

台の上に荷物を並べると、キャンプ場の方が載せてくれます。

積み終わればこのたなだ号と一緒にサイトに向かいます。

手ぶらで登るだけでもかなりしんどいので、たなだ号はとてもありがたいです。

帰りの時間を決めておく

たなだ号で自分のサイトに向かう前に、次の日のお迎えの時間を指定しておきます。

朝9時〜12時まで、15分間隔で選べます。

トロッコは一台しかありませんので、時間は早い者勝ちになります。

ホワイトボードに時間の書いたマグネットシートを貼るだけなので、「空いていれば勝手に時間を変えていいよー」と言われました。

サイトの地盤

たなだサイトの地盤ですが、基本的に少し湿っている感じの柔らかめの地盤でした。

ペグは鍛造でないと刺さらないというわけではなく、テントに付属の頼りないペグでも大丈夫そうです。

ただ、ある程度の長さが無いと抜けてしまう可能性があるので、長めのペグを用意しておいた方が良いでしょう。

スマホの電波

スマホの電波が入らないキャンプ場もたまに存在します。

調べ物や暇つぶしにスマホは使いたいもの。

天滝公園キャンプ場はしっかり電波が入ります。

三大キャリアに加えて格安キャリア(楽天モバイル)もしっかり電波が入りました。

楽天モバイルでも動画の閲覧が可能でしたので、普通に使う分には問題は無いでしょう。

周辺の施設

最寄りのスーパーは車で約10分

キャンプ場から1番近い買い出しの出来るスーパーは、

「ミニフレッシュ 大屋店」というところです。

営業時間は午前7時~午後10時までと比較的長い時間開いているのがありがたいですね。

温泉は車で約15分

最寄りの温泉は車で約15分のところにある、

「若杉(わかす)高原温泉・スパハウス」です。

キャンプ場で無料のシャワーがありますので、どうしてもお風呂に入りたい方はこちらをご利用ください。

「天滝」へは徒歩約40分

キャンプ場から徒歩40分のところには、日本の滝100選にえらばれている名瀑「天滝(てんだき)」があります。

往復で約1時間半ほどかかりますので、計画的に行かないといけませんね。

行くからばチェックイン直後か、翌朝がおすすめです。

ヒルに注意

全体的にじめっとしているサイトだからなのか、ヒルがいます。

私も初めてヒルに血を吸われました。

3人で行って2人が吸われたので、結構よくあることなのだと思います。

ヒルに吸われても特に痛みも痒みも無いのですが、思ったより出血しますので、絆創膏は準備しておいた方がいいでしょう。

また、服装は長袖・長ズボン・長い靴下を着用しておきましょう。

まとめ

  • たなだを利用したサイトは最高
  • まるで個室のようなプライベート感
  • 施設の手入れが完璧
  • 薪はバケツ2杯まで無料
  • 荷物はたなだ号で運んでくれる
  • ヒルが出るので服装は注意

今回初めてこのキャンプ場を利用させてもらって、かなり好印象でした。

施設の手入れが行き届いていて、キャンプ場の方も気さくな方が多く、気持ちの良い1日を過ごすことが出来ました。

サイトも広く、雰囲気も最高でした。

山を登るのはしんどいですが、登ってでも利用する価値はあると思います。

まだ利用されたことない方はぜひ一度訪れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました