【Fieldoor】性能の割に格安ノーザンクーラーボックス 色もおしゃれで絶対買い【某有名メーカーのOEM!?】

キャンプギア

どうも、30代サラリーマンです。

キャンプを始めてから、収納面のことを考えソフトタイプのクーラーボックスを使用してきました。

先日、真夏の炎天下の中キャンプをしていて、ふとクーラーボックスを開けると

初心者キャンパー
初心者キャンパー

あれ、全然冷えてない。。。保冷剤も溶けてるやん。。。

という状況に初めて陥りました。

中身の飲み物がぬるくなっているわけでは無かったのですが、キンキンには程遠い温度。。。

真夏のキャンプでキンキンのビールを飲めないなんて、キャンプの醍醐味が1つ奪われたようなものですよね!笑

そこでついに私もハードクーラーボックスに手を出す時がきました。

せっかく買うなら性能もそこそこ良いものがいいな~

なんて探していると、どのクーラーボックスもお値段が、、、

と思っていると良さそうなものを発見。

フィールドアさんの「ノーザンクーラーボックス」です。

サイズ感、カラー、お値段全て私の希望をかなえてくれました。

早速ポチって届きましたので、レビューしていきたいと思います。

この記事は、

  • そろそろハードタイプのクーラーボックスに手を出したい!
  • おすすめのハードクーラーボックスを知りたい!
  • 性能も諦めたくないけど、価格も安くすませたい!
  • ノーザンクーラーボックスってどうなの!?

といった疑問をお持ちの方に読んでいただければと思います。

フィールドア「ノーザンクーラーボックス」とは

キャンプギアメーカーのフィールドアさんが出している、「ノーザンクーラーボックス

見た目はかの有名な「イエ〇ィ」や「ア〇スランドクーラーボックス」にそっくりです。

噂によるとそれらのOEM商品だとかなんとか。

口コミによると、性能もそれらのクーラーボックスにも引けをとらないよう。

それなのにお値段は約1/3程度

一般庶民にも手を出しやすいクーラーボックスになっています。

サイズ展開は、

  • 18.9リットル
  • 33.1リットル
  • 42.5リットル
  • 66.2リットル(ホイール付)

の4展開になっていますので、自分のスタイルに合ったサイズが選べますね。

また、カラーバリエーションも、

  • サンド
  • チャコールグレー
  • ホワイト(42.5と18.9リットルのみ)

と3色用意されていますので、お好みのカラーを選べます。

サイズ、重さ

出典:フィールドア公式HP

各々の内外寸は上記の通りです。

一般的なクーラーボックスより、保冷素材が分厚くなっているので、容量の割にサイズが大きくなります。

保冷能力を考えれば仕方の無いことでしょうか。

出典:フィールドア公式HP

重さは上記の通りです。

こちらもサイズと同様、一般的なものより少し重めでしょうか。

さっそく開封

これは良いと思いすぐに購入。

私のキャンプスタイルに合った33.1リットルのサンドカラーを選びました。

しっかりフィールドアの段ボールに梱包されています。

店舗ではあまり見かけない(売っていない)のでネットでの購入になると思います。

なかなかの重さなので、受取の際はお気をつけください。

外観

外観はこんな感じです。

やはり某有名メーカーのクーラーボックスに似ていますね

家の中で見ると、33.1リットルのクーラーボックスとは思えないくらい大きく感じます。

それも、保冷力を高める為と割り切っていこう。

付属品

クーラーボックスの中には、

  • 取扱説明書
  • ドレンのキャップ

が入っていました。

果たして、クーラーボックスに取扱説明書が必要なのかは謎

こだわりポイント

ノーザンクーラーボックスにはさまざまなこだわりポイントがあるようです。

「これは良いなぁ」と思うところや、「いらんやろ、、、」となるようなものもありますw

開閉ベルト

ノーザンクーラーボックスの開閉は、このT字型のベルトで行います。

開閉する際はこのようにベルトを下に引っ張ります

これがなかなか硬く、子供や女性の方は苦労しそうです。

この硬さが保冷力を保ってくれているのでしょう。

ゴム製なので、何度か使用している間に、緩くなってきそうですが、、

逆に、緩くなりすぎて密閉性が心配にもなりますよね。

そこは安心して下さい。

しっかり交換用のベルトも別売りされていますので、緩くなってくれば交換することが出来ます。

圧力リリースボタン

気圧の変化により、フタの開閉ができなくなった場合に使用するボタン。

このボタンを押すと、クーラーボックス内の圧力が逃がされ、開けやすくなるようです。

持ち運び用ハンドル

クーラーボックスの両サイドには、持ち運びに便利なハンドルが付属。

グリップがしっかりしていて、重くなっても手が痛くならなそうです。

栓抜き

クーラーボックスの右側には栓抜きが。

付いているのはいいことなのですが、私はあまり使う機会はないのかなと思います。

普段から瓶の飲み物を飲む方には嬉しい装備ではないでしょうか。

メジャー

クーラーボックスの蓋部には、メジャーが付いています。

キャンプであまり使うことはないですが、釣りをする方向けでしょうか。

でも、釣りをする方ってちゃんとしたメジャーを持ってるイメージなので、必要なさそうですが。

しかし、なんとこのメジャー、インチとセンチの2表示があるのは良い点です(笑)

実際に飲み物を入れてみた

350mlの缶と、500mlのペットボトルをあるだけ入れてみました。

容量が33.1リットルなので、そんなに入らないだろうと思っていましたが、そこそこ入りそうです。

これだけ入れば、ソロから2〜3人分の飲み物であれば大丈夫そうです。

缶は2段重ねでも収容することが可能。

重ねても上部はこれだけの余裕があります。

残念なのが、この画像を見てもらえば分かるかと思いますが、2リットルのペットボトルを立てて入れることは出来ません。

入れる場合は横に倒して入れることになります。

メリット・デメリット

ノーザンクーラーボックスの購入でお悩みの方や、少しでも興味のある方に、メリットとデメリットをお伝えします。

メリット

  • 価格が安い
  • クーラーボックスとしての性能も優秀
  • サイズが豊富
  • カラーもおしゃれ

デメリット

  • 外寸の割に収容量が少ない
  • 店舗で実物を確認出来ない

メリット・デメリットをあげてみました。

総合してもかなり良いクーラーボックスです。

ただやはり、収納スペースはそこそこ確保しないといけませんので、そこは自宅のスペースと相談です。

まとめ

フィールドアの「ノーザンクーラーボックス」についてレビューさせて頂きました。

ソフトクーラーボックスで十分だと思っていましたが、ハードが必要な時はくるんですね。

初めてのハードクーラーボックスにしては良い商品に巡り会えたと思います。

これからハードクーラーボックスの導入を検討している方、ノーザンクーラーボックスについて知りたかった方等の役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました