【忘れがち】購入の必要あるの?ガイロープは足りなくなる【タープ設営】

キャンプギア

どうも、30代サラリーマンです。

キャンプ場に到着していざテントとタープを設営しようとして、

あれ、ガイロープが足らない!!

ガイロープの長さが短い!!

となった経験をお持ちの方はいると思います。

はい、私もその一人です。

テントやタープに付属しているガイロープしか持っていませんでしたので、いざキャンプ場で設営となったときにガイロープの本数や長さが足りなくなりました。

その時は友人が予備のガイロープを数本持っていたので借りることができましたが、誰も予備を持っていなかったら設営が出来ないところでした。

そんな状況に陥らないためにも、あらかじめガイロープの本数をチェックし、予備も準備しておきたいところです。

ガイロープとは

テントやタープから何本も伸びているロープのことを指します。

このガイロープが無いと、タープは自立しませんし、テントも風に飛ばされてしまいます。

ガイロープには色・太さ・長さ等の種類が多くあります。

では、どのサイズのガイロープを選べばいいのでしょうか。

結論から言うと、一般的なテントやタープの設営には太さは4~5㎜、長さは4mを買っておけば大丈夫だと思います。

タープのポールが長い(2.5m以上)場合は5mでも良いと思います。

パラコードはやめておこう

よくガイロープと同じような感じで捉えられているパラコード。

パラコードとは、パラシュートコードの略称でパラシュートを吊るすためのロープです。

パラシュートに耐えうるロープなので、強度は申し分無いのですが、

表面が滑りやすく、自在金具がうまいこと引っ掛かりません。

なにか工夫をすれば使えないことはないのでしょうが、

初心者の方はアウトドア用のガイロープを選んだほうが良いと思います。

色や安さだけで選んでしまうと、、、

自分の好きな色のガイロープや、安いガイロープ。

選んでしまいがちですが、そこはしっかりしたものを選びましょう。

安物を買ってしまうと、せっかくガイロープで固定しても風に負け、

ほつれたり千切れたりしてしまう可能性があります。

そんなことになってしまうと、何のためにガイロープで固定しているのか分からなくなります。

店員さんに聞くなり、ネットの場合はレビューを確認して、

安いだけで飛びつかずじっくり選びましょう。

おすすめのガイロープ

BROTREEというメーカーのガイロープです。

色、長さ等は数種類から選べます。

私は、4m×5㎜の6本入りを購入しました。

自在金具もついています。

自在金具はプラスチック製のものではなくちゃんと金属製です。

セットでついている自在金具や、テントに付属のものは結構プラ製が多いです。

プラ製は本当に使い物になりません。

さらに収納袋も付属していました。

正直ガイロープの収納袋は使わないですが。。。

ガイロープをじっくり見てみましたが、特にほつれも無く、問題は無さそうです。

あとは実際に使用してみての耐久性です。

この商品のレビューはなかなか良く、☆4.5くらいの評価を受けていました。

ガイロープまとめ

  1. 太さは4~5㎜
  2. 長さは4m以上
  3. パラコードはおすすめしない
  4. 安さ、色で選ばない
  5. 購入の際はレビューを要チェック
  6. 購入後はほつれ等無いか確認

以上の項目に注意して購入しましょう。

いざ設営の際にガイロープに悩まされないように、事前に準備し、

楽しいキャンプを迎えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました